結婚式で失敗しないために知っておこう!常識・マナーや知って得するミニ知識などを詳しくご紹介

このサイトでは結婚式の常識・マナーなどから、知って得するミニ知識まで詳しくご紹介しています。大切な挙式の当日に失敗しないためには、これらを知っておくと良いかもしれません。ドレスでの挙式では花嫁はウェディングベールをかぶりますが、このベールが担っている役割についても解説しています。さらに挙式ではカップルが互いに指輪交換をします。指輪を交換することには、どのような意味が込められているのかも解説しているサイトです。

結婚式で失敗しないために知っておこう!常識・マナーや知って得するミニ知識などを詳しくご紹介

結婚式には親族だけでなく、友人や同僚など様々な人を招待したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような大切なゲストを多く招待した結婚式を成功させるためには、常識をしってマナーの配慮する必要があります。
しかし結婚式は日常生活とは異なる雰囲気があるため、戸惑う人も多いかも知れません。
とはいえあらかじめ知識を得ておけば、慣れない結婚式であっても滞りなくスムーズに挙式や披露宴ができるようになるはずです。

初心者が知っておくべき結婚式の常識・マナー

春も近付いてきてコロナの感染者も減少している昨今ですけど、そんな折に結婚式を挙げる人も多いのではありませんか。
ここでは、結婚式についての常識などについてミニ知識をお話します。
まず、結婚式の招待状が届いたら新郎新婦の諸事情もあるので、記載されている期限までには返信はがきを送付しましょう。

また、友人や同僚へのご祝儀は3万円がベストだと言われてます。
新郎新婦が親族の場合は5~10万円が相場です。
4万円や9万円は「死」や「苦」を連想させて忌み嫌われるので避けた方がよろしいと思います。

お呼ばれの際の服装は、白い服装、華美な服装、肌の露出が高い服装などはNGです。
新婦が主役なので新婦より映える服装は避けて下さい。

テーブルマナーはナイフやフォークは外側から順番に使っていきます。
食器の音もなるべく出さないように気をつけましょう。

結婚式にお呼ばれされたからには品のあるマナーで友人や同僚、もしくは親族の方を思う存分、祝福なさって下さい。

結婚式における予算の考え方と費用相場

この世で愛する二人が一緒になるとき、どこの国でも結婚式という儀式をするのが習わしです。
神様に愛を誓いあって家族となる神聖な時であり、両者の親兄弟が立ち会うのも世界共通となっています。
日本では多くの方に参列をしてほしいと考える傾向があるため、基本的にはブライダルホールを貸切って結婚式を盛大に執り行う傾向です。
ここで必要な予算について述べると、約500万円が現代の相場となっていることがわかりました。
非常に高額な費用ですが、式場・教会の貸し切りのほかに、衣装のレンタルと引き出もの・料理などのサービスを考慮したら、妥当な金額です。
ただし、これはあくまでも一般論であって、相場通りの予算で執り行う必要はありません。
身分相応の価値で結婚式をすることもでき、カジュアルなスタイルを好む方なら親だけを結婚式に招いて、安い費用で終えることもできます。
それぞれの価値観と考えで実施をしていいのがポイントチなる考えです。

お得に結婚式を行うためのチェックポイント

とにかくお金がかかる結婚式を少しでもお得に行いたい、でも低予算で安く済ませているとゲストが感じるようなものにはしたくないという人は、式場予約をする前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

まだ式場を探している段階なら、成約特典で挙式・披露宴費用を割引してくれるところを中心に探してみましょう。
具体的な成約特典は各式場で異なりますが、中には数十万円分安くしてくれるところもあります。
特定の式場紹介サイトを仲介することで、何らかの特典をもらえることも多いですよ。

結婚式は気候が安定している春と秋に行われることが多く、ゲストが参加しやすい土曜日の昼の時間帯が人気です。
つまり、逆に予約の少ない季節や時間帯を狙うことで、お得に結婚式を行える割引プランを利用できる可能性があります。
今でも仏滅は避けられるので、式場側も仏滅割引プランなどを提供してますが、お日柄を気にしないタイプの方にはおすすめです。

結婚式場選びで後悔しないためには?

結婚式は人生の中で何度も体験することができない貴重な場だと言えるので、大切な婚約者と永遠の愛を誓いあえる場所に相応しくできるように、結婚式選びについては一切の妥協もなく慎重に決めていくことが大切になります。


また、できるだけ後悔しないように細かい項目について話し合って決める必要があるため、どのウェディングプランナーに依頼するかに関してはよく調べてから行うように心掛けてください。


よく後悔してしまう要素に関して調べてみたところ、一番多かったのが予算が思った以上に高くて後々負担になることがあった点です。
式を挙げる前は嬉しさと感動でお金のことを忘れてしまっていたとしても、後で冷静になって考えてみると式にかかった値段が高すぎて支払いが大変になってしまうことも非常に多いので注意が必要になります。


対策としては、結婚式に参加する人数の把握、ご祝儀などで回収できる大まかなお金の計算、着用するドレスや引き出物の金額などもよく計算して把握しておくことです。

結婚式で参考にしたいウェディングサイトの体験談

結婚式で行われる各種の式典は1度きりで、原則としてやり直すことはできません。
結婚式を行う際には会場やプランなどどれにするか迷うところで、事前に新郎新婦と担当のウェディングプランナーのほか、場合によっては両家の両親や親戚、友人なども加わって検討に検討を重ねて何としても素晴らしい式にしたいと考えるものです。
しかし、大半の式典は当日になってみなければ様子が分からないものも多く、後悔してしまうことは避けたいところです。
細部にわたってこだわりたいカップルであればこそ、招待客に失礼の無いようにしたりお食事やおしゃべりを存分に楽しんで帰ってもらいたいのはもちろんのこと、一生の思い出に残る素敵な式にしたいと考えるからこそ、どれを選ぶのか悩みは尽きません。
そんな時におすすめなのがウェディングサイトに掲載されている体験談で、実際のその式場やプランを利用して素敵な結婚式を挙げた方の思いが赤裸々に語られています。
そこにある生の声を参考に結婚式やプランを選択すれば、納得できる式を挙げて素敵な思い出を作ることが可能です。

結婚式のベールダウンセレモニーとは?

結婚式で様々な演出などが行われますが、その中の1つにペールダウンセレモニーがあります。
あまり聞きなれ言葉でもあるので、聞いてもピンとこない人も多いです。
実際にペールダウンは新婦のベールを下ろす内容であり、実際に結婚式で行う上で様々な意味が込められています。
ベール自体には新婦を悪魔から守るという意味が込められており、母親が娘のベールを下ろすことで悪魔から守る想いが込められているのが1つのポイントです。
次に今まで育ててきた母親が、娘のために行う最後の身支度という意味合いもあります。
お嫁になり新郎に嫁ぐことで、今度は新しく家族になる新郎に守ってもらうのよという思いが込められているのが特徴です。
意味を把握する事で、母親の愛が込められているセレモニーであると理解する事が出来ます。

結婚式のウェディングケーキが持つ風習

ウェディングケーキのデザインの源流はお城を模したもので、かつては権力の象徴とされていた時代もありました。
より豪華で高さがあるほど力を表わし、そのような良家に嫁ぐことが最高の幸せとされていました。
時代と共にそのような考え方は変化を見せていますが、それでもなお豪華なウェディングケーキであることで結婚式をゴージャスに演出し、祝賀ムードを盛り上げることができます。
そんな中で結婚式ではケーキ入刀という式典があり、新郎新婦が一緒に1本のナイフを手に持ってケーキに切り込みを入れるという風習があります。
これを二人の初めての共同作業と呼び、新郎新婦がこれから先に寄り添いながら生きていくことを象徴しています。
ケーキ入刀が終わるとそのウェディングケーキは会場の係員の手に寄って切り分けられて招待客へと振る舞われ、その場で食べたり自宅に持ち帰ることもあります。
そのケーキを食べるのは縁起が良いとされており、新郎新婦の幸せの一端を分けてもらうことが可能です。

結婚式のブーケキャッチが人気の理由

結婚式のブーケキャッチは最近人気が高まっています。
新婦が手に持つブーケを投げ、女性ゲストたちがそのブーケを受け取るするイベントです。
ブーケキャッチには幸せを招くという意味があります。
受け取った女性が次に結婚するというジンクスがあるため、女性たちは積極的に参加しています。
新郎新婦や家族だけでなく、ゲスト全員が楽しめるイベントです。
特に未婚の女性たちは、次に誰がキャッチするかドキドキしながら参加するため、会場全体が盛り上がります。
結婚式の中でも特別なイベントの1つと、参加者に思い出に残る体験を提供します。
受け取った女性にとっては、その後の人生につながるかもしれない素敵な思い出になるでしょう。
写真映えする瞬間でもあります。
キャッチする瞬間や候補者たちがブーケを狙う姿は、結婚式の写真アルバムにも素敵な1ページとして残せます。

結婚式の引き出物で一般的なものとは

結婚式の引き出物で一般的な商品ですが、どのような人であっても使うような実用的な品物を第一に考えるのが良いでしょう。
結婚式の招待客にはいろいろな人がいるはずで、全ての人に完璧に満足してもらうようなことはそもそも難しいわけですが、そうであっても平均的に満足感を与えられるかを検討すべきです。
日常的に使うもの、いくつあっても困らない消耗品などは適切と言えます。
一方で、あまりにも個性的というか、自分たちの趣味や嗜好が表に出ているような商品は、一部の人には受けるかもしれませんが大多数のゲストにはそうではないかもしれませんので、よく考えたほうが良いです。
結婚式では多かれ少なかれ気分が高揚しており、得てしてこのような選択をしがちですから十分に注意しなければなりません。
この他、あまりにも大きいとか、重すぎるといったものも避けたほうが賢明です。
迷ったときには、自分自身がもらって嬉しいかどうかを基準にするとよいでしょう。

結婚式のバージンロードが表す意味とは?

結婚式では、チャペルや教会の中央に敷かれた細長い布を花嫁が父親と歩くことが主流です。
この布は「バージンロード」と日本では呼ばれますが、実は和製英語です。
海外では、Wedding aisle またはWedding roadと呼ばれ「結婚の道」を意味します。
色は限定されておらず、現代では赤や青、白など会場のイメージによってさまざまです。
バージンロードは、花嫁の過去から現在、未来を表しているといわれています。
父親と母親のもとで生まれた「過去」から一歩一歩歩みを進め、両脇に座る友人や親戚に見守られながら成長していき、ついに夫となる人の待つ「現在」へ歩んでいく。
そして、退場時には、また次なるステージに進むため、新たな伴侶とともに同じ道を歩いて「未来」に向かっていくのです。
これらの意味を噛みしめながら結婚式当日に夫婦で歩くとより感慨深いものがあると思います。
この道を花嫁が歩くことで、悪いものを遠ざける魔よけの意味があるとも言い伝えられています。
幸せな花嫁を悪魔から守ろうとする昔の人の気持ちが込められて作られた道なのです。

新郎新婦を守るという意味がある結婚式のフラワーシャワー

海外映画のウエディングシーンでも見たことのある人も多い、境界から出てきた新郎新婦に花びらをまくフラワーシャワーには、新郎新婦を守るという意味があります。
結婚式にはぜひ取り入れたいと考える花嫁も少なくはないもの、お祝いと幸福感満載のセレモニーです。
ゲストたちが一斉に花びらをまき散らしますが、おまじないの意味を持っています。
気品あふれる豊かな花々の香りは、幸せを邪魔したりねたむ悪魔から二人を守ると考えられているためです。
新たな幸福の道を歩み始めるカップルは結婚式で花の香で清浄をされるので、それにより邪悪なものから保護されることになります。
結婚式で使用するのはすべて生花というのが主流、組み合わせで紙吹雪もミックスするなど工夫次第です。
靴で踏むことで足元や衣装が汚れることを避けたい時には、造花を使用してまくケースもあります。
勢い良く投げることなく、上の方でふんわりと、ゲストみんなで投げる盛り上がるひとときです。

歓迎の意を伝える結婚式のウェルカムボード

結婚式のウェルカムボードは、ゲストを歓迎するための大切なアイテムの一つです。
ウェルカムボードは新郎新婦の名前や式の日付などの基本情報の他に、式のテーマやカラーリング、花言葉などを取り入れたデザインが施されています。
ウェルカムボードには新郎新婦の個性やセンスが反映され、会場に入るゲストに式の雰囲気を感じさせる大切な役割があります。
例えば和風の式であれば和紙や和柄のデザインを取り入れ、洋風の式であればフォントやイラストを使ったポップなデザインなど、結婚式のテーマやコンセプトに合ったデザインを選ぶことが大切です。
ウェルカムボードは、結婚式の写真撮影で使用されることもあります。
そのため、真映えするデザインを選ぶこともポイントです。
手作りすることもできますが、時間や手間をかけずに仕上げたい場合は専門の業者に注文することもできます。
専門業者に注文する場合、デザインやサイズ、素材などを相談して、オリジナルのウェルカムボードを制作することが可能です。

ビュッフェを導入したカジュアルな結婚式

以前は結婚式も披露宴も、400名以上を招いた盛大な式典をする方が大勢いました。
自分の両親から祖父母、兄弟のほかに近所の人や会社関係で構成をされるため、なかには新郎新婦が一切面識のない人もいるのが常だったといわれるほどです。
現代ではその規模は大きく縮小をされていて、親しい人のみを招くカジュアルなものへと変貌を遂げました。
ここでは現代風のカジュアルな結婚式の行い方をご紹介していきます。
まずグルメに関して言えば、フレンチやイタリアンといった内容ではなく、ビュッフェ方式を導入するのがおすすめです。
通常はテーブルに参列者が着席をして、コースを用意しているものでした。
これは大人数が会場をうごめくと混雑をするので、避ける名目もあったわけです。
しかし、20名程度の少数であれば特に問題はなく、ビュッフェで好きな物を食べてもらい、新郎新婦も一緒に料理を味わいつつ、談笑をする機会も同時に手に入るのが良い点です。

結婚式とは別の日に行う前撮りのメリット

幸せか安全絶頂の結婚式の当日ではなく、あえて別の日程で前撮りをすることで、撮影はリラックスして行うことができます。
気持ちが高まる挙式のにはうれしさの反面で、緊張感がありゲストへの配慮もあり気を抜くことができません。
しかし写真は別途日を設けることで、まわりに振り回されることなく気持ちと時間にゆとりをもって撮影に挑めるのはメリットです。
硬い表情はほぐれ明るくソフトな表情になりますし、衣装も自由自在に何着も着替えることができます。
衣装選びは花嫁にとって楽しい半面、迷いが生じるほど目移りするため、結婚式には選べなかった衣装を着て写真撮影する絶好のチャンスです。
事前に終えておくことで当日に、その写真や映像を使用することもできます。
その日は前撮りのみのためだけなので、たくさんのショットを残せて、その中から最高の写真を選べるのも良い部分です。
プロにいるヘアメイクをしてのその日は、リハーサルも兼ねてできるのも嬉しいところでしょう。

結婚式に関する情報サイト
結婚式の常識

このサイトでは結婚式の常識・マナーなどから、知って得するミニ知識まで詳しくご紹介しています。大切な挙式の当日に失敗しないためには、これらを知っておくと良いかもしれません。ドレスでの挙式では花嫁はウェディングベールをかぶりますが、このベールが担っている役割についても解説しています。さらに挙式ではカップルが互いに指輪交換をします。指輪を交換することには、どのような意味が込められているのかも解説しているサイトです。

Search